タカシラボ

電子工作とかDIYの趣味を広く浅く、子育てにも活かしながら。

電源

スーパーポラリス80M用のonstep基盤Wemos R32の電圧を改善した。

onstepの動作実験をした際、スマートハンドコントローラからモーターを回そうとすると、スマートハンドコントローラがフリーズしてしまいました。 モーターを回した瞬間にフリーズということで、元々低い電源電圧がさらに下がっているのではなかろうか、とい…

スーパーポラリス80Mの鏡筒をつけてOnstepを試したら、うまく動かなかった。

Onstepの本体と、スマートハンドコントローラと、赤経モータはできたので、動作確認をしてみました。 久しぶりに全部を組み立てましたね。 フードにヒーターとアルミシートを貼ったり、接眼部をNSTアダプタにしたりしているので、だいぶ見た目が変わりました…

スーパーポラリス80M用のOnStepでステッピングモーターを回す実験。(wemos D1 R32 と CNCシールド3.0でonstep)

段階的にやっていかないと、どこで失敗したのか分かりませんよね。 急ぐ話でもありませんし、ゆっくり楽しみながら、勉強しつつ工作するのも目的なので、予備実験的なものも面倒がらずにやっていこうと思います。 今回は、OnStepを書き込んだボードから、CNC…

直熱管71Aを使ってシングルアンプを作る ⑨配線完了から音出し

やっと一通りの作業が完了しました。 アンプ部も、おそらく配線間違いはなさそうだったのでケースに組み込み。 (作成中には、FETの向きを間違えて取り付けていたりして、色々とミスがありましたが。) 真空管なしの通電試験でも、大体予想通りの電圧が出て…

直熱管71Aを使ってシングルアンプを作る ⑦電源回路の通電試験と取り付け

一応目視とテスターで当たった限りでは、間違いはなさそうだったのですが、一旦組み込んでしまってから手直しするのは非常に大変なので通電試験をしました。 非常に危険な通電試験の図。 ほんとはブレッドボード的なものに固定するべきなのでしょう。 ダイソ…

スマホの充電器が壊れたので、新しいのを買った。

私のスマホは、ファーウェイのMate10 Proという機種です。 ファーウェイ独自の超急速充電に対応していて非常に便利なのですが、独自規格なので専用のアダプタと5Aまでのケーブルでないと超急速充電にならないという弱点もあります。 1年ほど前に付属のアダ…

VFD管IV-18を使って時計を作る ①構想編

ニキシー管の時計を作ったばかりなので、私の部屋の時計は足りているのですが、これまた死蔵していたデバイスがあるので、使ってみたいと思います。 蛍光表示管と呼ばれるデバイスです。 Wikipediaによると、蛍光表示管は1966年に発明された日本オリジナルの…

IN12Bでニキシー管時計を作る。⑬動いている様子

googleドライブにアップロードして、リンクを取得すれば動画も埋め込めることが分かったので、シャッフルしたりナイトライダーしたりしている様子を貼ってみる。 ブログ用にgoogleアカウントを取得してみましたが、それっぽいIDが取得できて満足。 Windows10…

IN12Bでニキシー管時計を作る。⑪完成

時計本体が完成。 基盤がかなりの存在感ですが、これでいいのです。 ケーシングも終了。 無印の、重なるアクリルボックス中に押し込んだ。 これまた加工が面倒だったので、ダイソーのMDFを買ってきて、ぴったりの大きさにカット。 L字になるようにMDFをボン…

IN12Bでニキシー管時計を作る。⑩ソフトウェア編

ニキシー管時計のスケッチです。 esp32を使うので、NTPを利用しました。 time.hライブラリでは、一回configTimeすれば、その後何回時間を取得したとしても、NTPに接続するのは1時間に1回というのをどこかで見た記憶がありますので、毎回getLocalTimeしていま…

IN12Bでニキシー管時計を作る。⑨トラブルシューティング

ダイナミック点灯で製作する際のつらい点としては、段階的な確認行為が難しいことでしょうか。 今回もドライブ回路は、一気に組みあげました。 完成した後、緊張の火入れをしましたが、当然最初は動きませんでした。 今回のトラブルと、その対処について記録…

IN12Bでニキシー管時計を作る。⑥ドライブ回路の実装

ドライブ回路の設計が終わったので、実装します。 今回は、基盤の大きさに制限があるので、まず部品配置と配線をよく考えてから実装することにしました。 方眼紙を使って試行錯誤するのが一般的かと思いますが、便利なソフトを発見したので使わせてもらいま…

IN12Bでニキシー管時計を作る。⑤ドライブ回路の設計

ニキシー管に流す電流を決めたので、具体的なドライブ回路を設計します。 ネットの作例を眺めつつ、解決しないといけないなと思った疑問は以下の項目 ESP32とK155ID1は直結できるか TLP627の入力側には何mA流せばよいか TLP627の入力側の制限抵抗は、8桁で共…

IN12Bでニキシー管時計を作る。④高圧回路と点灯実験

高圧回路は、DCDCの昇圧回路キットを使用します。 できました。 超簡単。 放熱器を取り付けろとありましたので一応つけておきましたが、最大でも3mAくらいの予定なので、本当に必要だったのかは不明です。 電源が用意できたので、レッツ点灯。 光った! ESP3…

IN12Bでニキシー管時計を作る。③ドライブ回路の構成

ドライブ回路は、廃盤でも入手できる部品は使う、配線量が最小になるようにする、というコンセプトのもと、TLP627とK155ID1を使用します。 TLP627は、秋月で4回路入りTLP627-4が@150円で入手可能です。 K155ID1は入手難ですが、amazonでソケット付き6個入り…

IN12Bでニキシー管時計を作る。①構想

恐らく5年ほど前になると思いますが、いつかニキシー管の時計を作ろうと思ってIN12Bというニキシー管を入手していました。 当時、すでにニキシー管の人気が高まっていて、価格もどんどん上昇していたような気がします。 10年ほど前から作ってみたいなぁと思…