タカシラボ

電子工作とかDIYの趣味を広く浅く、子育てにも活かしながら。

スーパーポラリス80M用のonstep基盤を入れるケースを作ったけど失敗した。

望遠鏡を買ってから、早数か月がたちますが、実はまだファーストライトしてません。(星では)

さすがに、そろそろ使ってやりたいなと思って、色々と準備を加速しておりました。

 

その一環で、Onstepの基盤を収納するケースを作りました。

f:id:takashi_lab:20210429203311j:plain



3Dプリンタで。

基盤を取り付けるために、スペーサを使うのではなく、スペーサ的な柱を生やしておいて、セルフタッピングするつもりです。

f:id:takashi_lab:20210214231427j:plain

基盤は、以前動作することだけ確認していた、CNCシールドV3と、Wemos R32です。

これに、初めて基盤の発注に挑戦して作った、RJ45用の基盤を組み合わせます。

f:id:takashi_lab:20210429203344j:plain

これです。

ソケットのはんだ付けは、問題なくできました。

子連関しては、フットプリントも既存のデータを使用できたので、特にサイズ間違えもありませんでした。

 

f:id:takashi_lab:20210429203419j:plain



そしてセルフタッピング。

穴の位置はおおむねあっていました。

自作基盤は完璧。

Wemos R32の基盤は、4か所ネジ穴があるのですが、3か所はあっていましたが、1か所0.5mmくらいずれていて、1本入りませんでした。

ノギスで測って、個別に設計したので、なかなか難しいです。

やはり、基盤のモデルをCADに取り込んで、CADの中でサイズを合わせながら設計する必要ありますね。

そのような方法で設計したいのですが、まだ勉強が足りていません。

今後の課題です。

 

f:id:takashi_lab:20210429203448j:plain

さて、何を失敗したのかというと、

  • DCジャックの場所がずれた。
  • USB用の穴を開けてない。

残念。

DCジャックは、余裕をもって大きめの穴を開けておいたのですが、場所を完全に勘違いして、かなりずれたところにあけてしまいました。

また、USBの穴はあけることさえ忘れていました。

何回かデバッグしたいですし、USBの穴がないとかなり不便。

 

作り直したいのですが、このケース印刷するだけで7時間近くかかるんですよね。。

f:id:takashi_lab:20210429203434j:plain

しかも、あんまり考えずにXHコネクタの端子をはんだ付けしましたが、デュポーン端子の線材がたくさんあったので、これで十分でした。

ピンヘッダで良かった。。

モータードライバは、とりあえず実験用にと思って、A4988 をつけています。

これは、3Dプリンタに元々ついていたもの。

TMC2204に変更した際に、取り外しておいたものです。

失敗すると壊れてしまうので、まずは不要なICで実験したいと思います。

 

さて、いつになったら完成することやら。

最近仕事も忙しすぎて、平日はほとんど時間を取れませんし、休日は子供相手でへとへとなんですよね。

世の中の子育て世代は頑張っていると思います。