タカシラボ

電子工作とかDIYの趣味を広く浅く、子育てにも活かしながら。

電動えんぴつ削りを修理(?)した。

我が家の鉛筆削りは電動なのですが、急に動かなくなりました。

普通、えんぴつを差し込んだらスイッチがONになると思いますが、鉛筆をさしこんでもしーんとしたままです。

f:id:takashi_lab:20210821210736j:plain

動かなくなってしまった。

 

4歳の子供がぐりぐり鉛筆を削ってるので、また無茶な使いたかたをしたのだろうと思います。

しょうがないので、修理を試みました。

f:id:takashi_lab:20210821210640j:plain

とりあえず分解しました。

単純な構造ですね。

 

f:id:takashi_lab:20210821210832j:plain

青丸のところがスイッチになっているようです。
シーソー的な部品で、スイッチが常時押されています。

f:id:takashi_lab:20210821210518j:plain

ちょっと危ないですが、この状態でコンセントにつないで、シーソーの反対側を押してみると、スイッチを押している部分が離れ、ちゃんとモーターが回りました。

鉛筆も普通に削れました。

 

というわけで、以下が判明。

  • つまっているわけではない。
  • モーターも動く
  • 不具合化箇所は、スイッチ周辺

f:id:takashi_lab:20210821211040j:plain

矢印のところを押すと、丸のところのスイッチが入ります。

えんぴつを差し込むと、矢印のところの棒が、右側に少し引っ込むのですが、スイッチを抑えているシーソーの部品は動きません。

手で押す際もかなりの力で押さないと動かないので、安全装置がかかっている状態のようです。

 

f:id:takashi_lab:20210821210403j:plain
よーく見ると、シーソーの部品を、カッターの先みたいな形をした部品が押さえています。

この部品は、縦に配置されているバネで押さえられているので、このバネを外してみました。

この状態で、シーソーを抑えていた部品を、この写真で上側方向にスライドさせておくと、鉛筆を差し込むだけでうまくスイッチが入ります。

スイッチ自体は、常にONになろうとしているのですが、それをシーソーが押さえている格好になっています。

シーソー自体は、写真だと水平方向に配置されている棒で常に押されているので、これでスイッチをOFFにしています。

えんぴつを差し込むと、棒が右側に引っ込むので、シーソーの抑えが緩んで、スイッチ自体がONになろうとする力で、ONになる、という仕組みのようです。

 

さて、とりあえず安全装置を解除しておけば、普通に運用はできるようになったのですが、何で安全装置がかかったままになってしまったのでしょう。

外したバネに打ち勝つくらいの力で、今スライドさせている部品を押し上げておかないといけないのですが、これがなかなか分かりませんでした。

 

よーく見ていると、

f:id:takashi_lab:20210821211113j:plain

削りカスをためる箱の一部に、割れた後がありました。

この箱を入れていないと、安全装置が働いて、鉛筆を入れても動作しない仕組みになっていたようです。

 

f:id:takashi_lab:20210821210906j:plain

この箱に本来ついていた突起が、矢印の部分を押し上げ、シーソーを抑えていた部分も上側にスライドし、安全装置が解除される、という仕組みです。

 

というわけで、削りカスが入る箱に、元通りの突起をつければ、元通りになりそうです。

しかし、この安全装置についているバネがけっこうな力なので、しっかり突起を作らないと、うまく動作しないような気がしました。

 

・・・外すか。

確かに削りカス入れをセットしない状態で動作させ、下から手を突っ込んだらけがをします。

でもそれをしないように、気を付ければいいのかなと思います。

 

f:id:takashi_lab:20210821210607j:plain

なので、バネを外した状態で安全装置を上にスライドさせておき、マスキングテープで止めておきました。

削りカス入れをセットしない状態でも回ってしまいますが、とりあえず使うことはできます。

子供だけで勝手に使わさないように気をつけないといけませんが、ひとまず修理(?)完了ということにしました。

あんまり真似しない方がいいやり方ですね。

もしやるときは自己責任でお願いします。